一人暮らしに必要な食器の数

 

自炊をあまりしない人でも、少し食器があると、便利です。休日にどこも出かけない時に、カレーを作るくらいの調理なら楽しいイベントにもなります。では、どんな食器を選べばよいのでしょうか?

 

少なめにシンプルに。

狭いキッチンだと、食器を収納出来る場所は限られています。

 

デザインで選ぶと、重ねる事が出来なかったりしますので、機能優先でシンプルな食器を選びました。

 

写真の食器は100円ショップダイソーで買ったものばかりです。

 

揃え方としては、とりあえずダイソーで揃えて、自分に必要な食器がわかってきてから、お気に入りの食器を見つけて買い替えていくのが良いと思います!

 

枚数は1回の食事に使う分の食器をまず揃え、その後に自分の自炊スタイルに合わせて増やしていきましょう。

 

便利な食器

一人暮らしでは、どんぶりがとにかく便利です。丼物、おかず、サラダ、ラーメン、作り置きの惣菜など、どんぶりには色々な使い道があるので、深めと浅めのどんぶりを4つ使っています。作り置きのおかずを2種類くらい作って冷蔵庫に入れておくと、色々食べれて便利です。

 

乾物をもっと食べましょう。⇒高野豆腐は煮物だけじゃない。一人暮らしにおすすめの簡単レシピ。

 

余ったら冷凍保存しましょう。⇒キャベツは冷凍保存して使う。一人暮らしの節約レシピ。

 

 

収納場所

典型的なワンルームのキッチンなので、流し台の下にしか食器を入れられる場所がありません。収納場所に収まる量にしないと、使う度に出し入れが面倒になります。

 

収納は出来たけど、前の食器をどかさないと奥の食器が取れないとかだと、使い勝手が悪いです。

 

使っている食器

どんぶり(深い)×2

どんぶり(浅い)×2

大皿×2

小皿×2

小鉢×4

ご飯茶碗×1

味噌汁茶碗×1

マグカップ×2

グラス×2

箸×2

スプーン(大)×2

スプーン(小)×2

バターナイフ×1

フォーク(大)×2

フォーク(小)×2

ナイフ×2

 

お皿が18点と箸類が13点ありました。

以前はもう少し食器がありましたが、使わない物は処分しました。

 

ズボラな自炊をするなら⇒食事の栄養バランスは偏りがち。一人暮らしの僕の冷蔵庫の常備品。

 

実はこれ以外にもあります。

割り箸紙コップを常備しています。これがなかなか便利でやめられません。

 

一日中家に居たりすると、特にそうなのですが、冷蔵庫に入っている色々な飲み物を飲みたくなりませんか?

 

2リットルのペットボトルのジュース、飲むヨーグルト、豆乳、コーヒーも飲むし、紅茶も飲みたいです。

 

朝食の時には、コーヒーと飲みヨーグルトも飲み、昼間にペットボトルのジュースを飲んだり、コーヒー、紅茶を飲みます。1日に何度もコップを洗っていて、面倒になると、つい使ってしまいます(^^;)

 

 

割り箸は作り置きのおかずを取るのに便利なのです。作り置きおかずに自分の箸を入れてしまうと、傷む原因になるので別の箸にしたいです。

 

作り置きが2品あったら、それだけで箸が3膳必要になります。もう一善用意すればよいのかもしれませんが、箸が3膳になるのが嫌で、つい使ってしまいます。

 

無駄なのはわかっているのですが、なかなかやめられません(^^;)