レイスカイウォーカー。スターウォーズのあらすじと解説

スターウォーズエピソード8が始まりました。今までのストーリー簡単なおさらいをしたいと思います。見ていない人には「ネタバレ」になるので気をつけて下さいね。エピソード8はまだ見ていないのでネタバレしません。ご安心ください。

エピソード4~6

一番最初に映画「スターウォーズ」が上映されたのは1978年です。この時はまだヒットするかわからなかったため3作品のみの予定でした。ヒットしたのちに3部作全9作品の構想があると発表しました。

 

これは、中期を描いた作品なので「エピソード4~6」というふうに現在では呼ばれています。

 

僕はリアルタイムで見たわけではなく、1998年頃に「特別篇」として手直しをされ、映画館で上映した「エピソード4~6」を見ています。

 

ストーリーは、ルーク・スカイウォーカーがレイア姫やハン・ソロと出会い、ダースベイダーを倒すまでの話。

 

そして、ルーク・スカイウォーカーとレイア姫は実は兄弟で、父親がダースベイダーだということが分かります。

 

基本的には全作品ともにの戦いの話です。しかし壮大な親子喧嘩の話とも言われたりします。

 

映画「レオン」も好きです⇒観葉植物が枯れる人は、映画レオンのアグラオネマの育て方がおすすめ。

 

エピソード1~3

次に1999年から上映されたシリーズが、前回の作品の前の時代の話で、「エピソード1〜3」と呼ばれています。

 

上映された順番が4→5→6→1→2→3となっているのでややこしいですね。

 

ストーリーの中心は、アナキン・スカイウォーカーがダースベイダーになるまでの話です。

 

アナキン・スカイウォーカーは、女王アミダラと結婚し、アミダラを失う怖さから悪の力に引き込まれダースベーダ―になっていきます。

 

そして、この2人の子供、つまりダーズベーダ―の子供がルークス・カイウォーカーとレイア姫なのです。

 

ミニマリストにおすすめの映画⇒「365日のシンプルライフ」おばあちゃんの言葉に物との付き合い方の答えがある。

 

エピソード7~9

2015年からスタートした最新のシリーズは「エピソード7〜9」と呼ばれます。

 

このシリーズの中心人物はレイ。そして悪役はカイロ・レンです。

 

カイロ・レンは、レイア姫とハン・ソロの息子です。この両親は、息子カイロ・レンがダースベイダーに憧れていることを心配し、ルーク・スカイウォーカーに預けます。

 

しかし、それが裏目に出てしまい、悪の道に進みます。そしてカイロ・レンは父親のハン・ソロをライトセーバーで刺し奈落の底へ落としてしまいます。

 

 

ここまで今までのスターウォーズになり、2018年12月から次の作品の「エピソード8」が上映されています。

 

管理人のプロフィール

 

レイってルークの娘かな?

ここからは妄想です。

 

「エピソード1~3」がアナキン・スカイウォーカーが主人公で、「エピソード4~6」の主人公がルーク・スカイウォーカーです。

 

となれば今回のストーリーの主人公のレイが実はルークの娘で、レイ・スカイウォーカーなのではと思ってしまいます。

 

スカイウォーカー親子3世代のストーリー⁉かも。

 

こんな想像をするのもスターウォーズ好きには楽しみな事でもあります。

 

2018年12月からスタートしたエピソード8はまだ観ていません。まだ混んでいそうなので、見るのは映画館が少し空いてきた頃にしようと思います!楽しみ(^^)