寝袋生活

 

一人暮らしの寝具に寝袋は適していると思います。収納に場所は取らないし、とても暖かいのです。僕が寒がりなせいなのかもしれませんが、暖か過ぎて手放せません。

 

以前は羽毛布団を掛けていました。しかし冬を2回快適に過ごせたこともあり、処分してしまいました。布団類が少なくなると収納のスペースが広くなり、気分も良いです。これは捨てて良かった物です。

 

僕の失敗談

これで僕もミニマリストの仲間入りだと、調子に乗ってベッドも断捨離して後悔しました。床にマットを敷いて、その上で寝ていると、床から寒さが伝ってきます。

 

寝て横を見てみると、床のちょっとしたホコリも目につきます。動けば床のホコリも舞うでしょう。寝ながらそのホコリを吸っている様な気がして、もう無理だと思いました。

 

実際には多少なりホコリを吸っているでしょう。数日してベッドの再度購入を決意する事になってしまいました。ベッドの処分は失敗だったのです。テレビの断捨離は正解でした。⇒テレビが要らない4つの理由とNHKからの対応。

 

寝袋は寝返りも打てます。

今はベッドにマットを敷いて、その上で寝袋で寝ています。これがホント快適でやめられません。寝返りも大丈夫でした。寝袋の購入前に一番心配だったのは寝返りが打てないのではということ。

 

これは僕が小柄なせいもありますが、寝袋の中でクルクル体を回して寝返りも問題無く出来ます。※使用している寝袋は伸縮性があるタイプです。

 

しかも、寝返りを打っても布団がズレないという点は、寝袋ならではです。

 

ベッドの上で寝袋で寝ています⇒無印良品の収納セミシングルベッド。収納ベッドのデメリットとおすすめな理由。

 

寝袋の良い点、悪い点

良い点

・寝返りを打っても布団がズレることがない。
・隙間が無く、肩や頭まで暖かい。
・収納がコンパクトで場所を取らない。
・災害時の備えとしても使え、持っていて安心。
・軽いので、毎日の布団干しも簡単。

 

悪い点

・人に話すとかなり引かれる。
・彼女が来ても一緒に寝れない。

 

寝袋を使用する季節

使用時期はだいたい10月から5月くらいまでの間です。

 

時期ごとの使い方は

・めちゃくちゃ寒い日
寝袋の上に毛布を掛ける。
・寒い日
寝袋のみ。
・少し寒い日
寝袋を開いて掛け布団の様に掛ける。
・そんなに寒くない日
毛布のみ。
・暑い日
コットンの夏掛け。

 

注意点と対策

注意点

素肌は触れないようにしたい。寝袋は布団同様洗えないので、入る時には素肌が直に触れな様にしています。

 

対策

靴下、ネックウォーマー、キャップを着けて寝る。
インナーシーツを使うのも良いかもしれません。

 

冬の防寒対策は⇒暖房を節約する技。一人暮らしのおすすめの暖かグッズ。

 

使用している寝袋は

モンベル

バロウバッグ ♯3

詳細情報です。

品番 #1121273

素材 化繊(ダウンではありません)

コンフォート温度6℃

リミット温度1℃ ←部屋の中で1℃はないですよね。

身長183cmまで

スーパー スパイラル ストレッチ システム(伸縮率135%)

 

毎日がキャンプしているみたいな寝袋生活!寒がりの方にはホントにオススメです(^^)