白湯の効果と作り方

 

以前は、白湯なんて飲んで味がするわけもなく、意味が分からないと思っていましたが、最近は「体に染みわたるー」という感覚で毎日飲んでいます。朝は白湯を飲んで体を温めると気持ちが良いのです。

 

白湯を飲んだ時の体の変化

温かい白湯が胃に入り、じわーっと内臓が温まる感じがします。

 

胃腸の冷えや、消化力が落ちていることが、体の不調の原因だとしたら、胃腸を温め血流を良くすることは、それを改善させてくれるはずです。

 

特に寒い日の朝は、身体が温まり目が覚める感覚を実感できます。

 

体を温める⇒ホッカイロを貼る効果的な場所はココ。寒さ対策と風邪予防におすすめ。

 

体の冷えと心の冷え

温泉に入るのが気持ち良かったり、温かいって単純に幸せを感じますよね。

 

幸せは腸で作られると言われるくらい、腸と心の関係は親密です。腸を温め元気にすることで、気持ちもリラックスして元気が出てきます。

 

あったかグッズ⇒ミニマリストの持ち物公開。あったかグッズで、冬の寒さを乗り切る。

 

白湯の作り方

インド発祥の伝統医学アーユルベーダのやり方に習うと、やかんに水を入れ、沸騰したらフタを開け15分ほど沸かし続けます。沸騰してからも沸かし続けることで余分な物質を飛ばします。

 

これにより、「水」、「火」、「風」のエネルギーが整うと言われています。電気ケトル電子レンジでは、エネルギーが整わないようです。沸かし直しもバランスが崩れます。

 

僕はめんどくさがりなので、電気ケトルで沸かしていますので、効果は充分ではないのかもしれませんね(^_^;)

 

ただのお湯か、ちゃんとした白湯かで違いが出るか確証はありませんが、目に見えない力も信じていきたいです。

 

改善・予防が期待できること

冷え

直接的に腸を温め、その温かさが全身に伝わっていきます。

 

便秘予防

腸の血流が上がり、動きが活性化することと、水分補給の効果で便秘を予防します。

 

風邪予防

体温が高いと免疫機能が活発になるので、ウイルスを追い出してくれます。

 

疲労

胃腸の消化力がアップすれば、未消化の胃の疲れが無くなり、全身に栄養が行きわたり疲れにくくなります。

 

喘息

気管が常に炎症を起こしているので、冷たい空気で発作を起こしやすいです。夏でも温かい飲み物の方が良いと言われています。

 

梅干しの力で⇒梅干しと梅酢で風邪予防。疲労回復だけじゃない梅干し。

 

まとめ

ただ温めただけの水が、これだけ良いことだらけなら、ぜひ習慣にしたいですよね。

 

一番効果的なのは、朝起きて一番に飲むことと言われています。これは僕自身も実感として体への良さを感じています。

 

コップ一杯の白湯をゆっくりと飲んで、ハッピーな一日をスタートさせましょう(^^)