セミシングル収納ベッド

 

一人暮らしのワンルームには収納場所が少なく、クローゼットやチェストを置いて収納を増やすしかありません。最近はパソコンやプリンターを持っている人も多く、部屋のスペースを圧迫しています。

 

僕も同じように物が多い部屋に住んでいたのですが、気になるのはプリンターでした。

たいして使用頻度も高くないのに、部屋の貴重なスペースに鎮座していて、いつかなんとかしてやろうと、考えていました。

 

そこで思いついたのが、ベッド下収納に入れるということでした。

早速ベッド探しを始めます。

 

 

欲しいベッドの条件

・ベッド下の引き出しに複合機のプリンターが入いる大きさがあること。
・プリンターを出し入れせずに使えること。
・チェストに入れてある服が収納出来ること。
・セミシングルベッドであること。

 

その条件を満たしていたのが無印良品の収納ベッドでした。

上の写真の通りベッド下収納にすっぽりと収まっていて、使う時だけコンセントを挿せば使えます。チェストに入れてあった服も少な目に断捨離していた事もあり、収まってくれました。

 

このベッドの上で寝袋で寝ています。⇒寝袋生活3年目の感想。捨てて失敗した物、良かった物 。

 

 

このベッドを手に入れたことで起こった事。

・プリンターの置いてあったスペースが空き、部屋が広くなる。
・チェストを処分することが出来て、部屋が広くなる。
・シングルベッドからセミシングルになったので、部屋が広くなる。

 

部屋が以前と比べ広く感じます。

このベッドに変えたことでのメリットは大きかったと思います。

しかし、セミシングルの収納付ベッドにはデメリットもあります。

 

その後プリンターの場所を変更しました。⇒プリンターの置き場所を変更。ミニマリストのクローゼット公開。

 

デメリット

・収納ベッドは湿気がたまりやすく、ガビが生える可能性がある。
・セミシングルは狭く感じる可能性がある。

 

人は寝ている間にコップ1杯の汗をかくといいますよね。その湿気が全部引き出しに入ってしまったら、それはガビだらけにもなるでしょう。しかし無印のベッドはスノコになっているので湿気を逃します。

 

そしてベッド下収納が完全に別ユニットになっているところもポイントが高いです。

木の箱がベッドの下に入っている状態なのでホコリは入りません。そのため湿気の影響も受けにくいはずです。僕はマンションで1年程使っていますが、ガビはや湿気は感じません。

 

セミシングルベッドのサイズ感は、身体の大きさにもよると思います。無印良品の店舗で確認するのが一番だと言っておきます。しかし164cm普通体型の僕には問題ありません。

 

 

一人暮らしのワンルームには部屋のスペースを広く使える無印良品のセミシングル収納付ベッドがおすすめです。

 

部屋を広く使いたい⇒ワンルームでは収納術に頼らない。5万円部屋は1㎡当り2500円。

 

他の同じ価格帯の収納付ベッドと比べて、天然木を使っている所は大きな違いではないでしょうか。合板で出来ていて少し安いベッドより、天然木の無印良品のベッドの方が段違いに満足感が高いと思います。組み立ても30分程で出来ますよ。
家具を部屋の床面積の1/3くらいの量に抑えると、面積よりも広い部屋に感じるそうです。

部屋が狭いと感じる人は使ってみてはいかがでしょうか。部屋の広さに驚くかもしれませんよ(^^)