ミニマリストのキッチン

一人暮らしで自炊する派と、しない派ではキッチン用品の数が、かなり違います。僕は自炊する派なので、それなりに物が多いです。

シンク下の収納

一人暮らしで最小限の食器ということなら、もっと少ない人も多いと思います。しかし、作り置きなどもするので、それなりに食器の数は増えてしまいます。

 

ミニマリストのキッチンの食器入れ

 

それでも食器棚が必要な量ではないので、ここに収納しています。以前はもう少し食器や、キッチングッズもありましたが、しばらく使わない物は断捨離していっています。

 

もう少し減らせる気がしますが、決心がつかない物は保留にしています。

 

一人暮らしの食器数⇒おひとりさまの食器公開。最低限の食器の数と揃え方。

 

冷蔵庫

ワンルームには、小さな冷蔵庫が備え付けられていることが、よくあります。しかし、自炊派はこれでは足りないので、物入れとして使っています。

 

ミニマリストのキッチンの冷蔵庫

 

使っていないけど捨てられない、保留中のタッパーなどを収納しています。

 

一人暮らしの冷蔵庫選び⇒一人暮らしの冷蔵庫の選び方。失敗談とこだわりポイント。

 

物を置かない

スポンジは、直に置いておくと雑菌も心配なので、洗濯バサミで吊るしています。こうしておくと、カラッと乾いてくれるので安心です。

 

ミニマリストのキッチンのスポンジ

 

洗剤の容器も、置いておくと底がぬるぬるしてきます。これも、フックをテープで貼り付けて無理やり吊るしています。

 

ミニマリストのキッチンには物を置かない

 

キッチンの掃除

キッチンに物が置いていないと、短時間で拭き掃除が終わります。特に油などは時間が経つと落としづらくなるので、簡単に拭けるように物を置かないようにしています。

 

拭き掃除で気に入っているのがこの布巾です。

ミニマリストのキッチンの布巾

 

ダイソーなどの100円ショップで売っているマイクロファイバーの布巾です。洗剤無しでも油汚れが良く取れるし、乾燥が速いから衛生的です。

 

このマイクロファイバーの布巾はお風呂にも置いていて、お風呂掃除にも活躍してくれています。

 

大掃除で心を磨く⇒掃除で運を引き寄せる。一人暮らしの大掃除のコツ。

 

浄水器

以前はポットで浄水するものを使っていましたが、洗うのが面倒なので、こちらに切り替えました。

 

ミニマリストのキッチンの浄水器

 

これはお手軽に交換も出来ますし、コスト的にも安いので正解でした。

 

シンクまわりをキレイに保つ2つのコツ

 

1、物を少なくして、掃除を簡単に出来るようにする。

2、汚れは時間が経つと落としづらくなる。

 

この2つを気をつけていると、めんどくさがりでも、何とかきれいに保てています。

 

面倒なことが苦手なので、なるべくシンプルで簡単に片付くことが理想です。

 

シンクまわりがスッキリしていると気持ちが良いですよね。参考になったら嬉しいです(^^)