ミニマリストのクローゼット公開

 

ホテルの様なスッキリした部屋が好きで、目指しているのは生活感のないスッキリしたお部屋です。そこで、テレビを無くし、物も少なくなってきていますが、プリンターの置き場にいつも悩みます。以前のプリンターの置き場所から変更してみました。

 

ミニマリストになりきれない微妙なクローゼットですね(^^;)まだまだ断捨離したいものは沢山あります。

 

プリンターの収納場所。

ワンルームの生活は、とにかく生活感が出やすいんです。一つの空間に生活用品がすべてあるのですから、仕方がありません。

 

家電などの配線もゴチャゴチャして目立ち、ホコリも溜まりやすいところが困ります。そういう配線などは出来れば見えないところに収まって欲しいものです。

 

以前プリンターは無印良品の収納ベッドの下の引出しにしまっていました。

セミシングル収納ベッド

無印良品の収納セミシングルベッド。収納ベッドのデメリットとおすすめな理由。

このベッドはプリンターを収納することも考えて、引き出しの高さなどもしっかり確認しての購入でした。

 

実際にベッド下に収納して使ってみると、普段見えなくて部屋がスッキリするのは良いのですが、屈まないとプリンターが使えなく不便でした。

 

もともと床の高さで使うような物ではないですもんね。そこで別の良い場所がないか検討してみました。

 

シュレッダーの収納場所。

以前から、シュレッダーはクローゼットの中に入れていて、使う時だけコンセントを繋いで使っていました。

 

 普段は見えないし、使う頻度もそれほど多くないので、ピッタリの場所です。

 

そこで、プリンターもここでいいじゃん!という素晴らしい考えにたどり着きました(笑)

 

衣装ケースの上の段にはドキュメントスキャナーをしまっていています。⇒書籍の電子化がおすすめ。スキャンスナップ「S1300i」vs「ix500」

 

クローゼットに収納

衣装ケースの上にスペースがあったので、ここが良いかもと置いてみました。

 

部屋の動線を考えても、クローゼットの右側は使い易かったので、ここで決定しました。クローゼットを閉じてしまえば見えないし、使う時だけコンセントを繋ぐのは以前と一緒です。

 

今までの床と変わらない位置から、高くなった分とても使い易くなりました。ベッド下の収納時も、悪くはなかったですが、使いやすさでこちらに軍配が上がりました。

 

以前はこのクローゼットに、もっと服が詰まっていましたが、断捨離をして少しスッキリしました。⇒私服の制服化は、鎌倉シャツの白いボタンダウンがおすすめ。

 

このプリンター

この複合機のプリンタ―は、家庭用プリンターとしては、少しマイナーなメーカーのブラザーです。

 

写真用に使ったり、印刷スピードを重視する人には向きませんが、家庭用としてはコストと性能のバランスが良くオススメです。

 

同じ価格帯の製品の中でも機能が充実している部類に入ると思います。デザインは白一色で統一され、おしゃれでシンプル。コンパクトなところも良いですね。

 

このブラザープリビオDCP-J567Nの価格は八千円程でした。※2017年11月2日現在

 

インクは安い社外品を使っています。純正じゃなくても「純正ではありません」などのうっとうしい表示も出ず、器の大きい?プリンターです。

 

インクは楽天のtomozというショップで、4色で700円程のものを使っています。書類の印刷には何の問題もありませんよ。

 

 

クローゼットの物は、もう少し減ると良いんですけどねー(^_^)