季節性うつをご存知でしょうか?ある季節に発症し、その季節が過ぎると回復します。

それは夏であったり、冬だったりもします。今まで楽しめたことが楽しめなくなったり、疲れやすくなったりの様な、うつ症状を発症します。

 

日常生活に支障が出るようなものから、なんとなく気分が落ち込むくらいの軽いものまで様々です。2年連続でその様な症状が出ていると季節性うつと判断する様です。

 

休日でしっかり充電する⇒休日を3分割して過ごす。ひとりの休日を充実させる3つの要素。

 

一人暮らしと季節性うつの原因

季節性うつの原因を見ると、1人暮らしに当てはまっていることが多くあります。

夏は

クーラーをガンガンに効かせて、暑い外との温度差がある。

食事は、素麺などの食べやすいものしか食べない。

朝明るくなるのが早く寝不足気味。

冬は

太陽が出る時間が遅くなり、朝起きれない。

昼まで布団の中で過ごしている。

夕方になるまで外に出ず、日光を浴びない。

夜更かし、遅起きで、生活のリズムが崩れる。

 

 

夏の季節性うつ

発症の要因

・日光の浴び過ぎによる疲れ。

・外気温とエアコン効いた部屋の温度差。

・さっぱりした食べ物ばかり等で、栄養の偏りがある。

・朝、明るくなるのが早く寝不足気味になる。

症状

疲れや食欲不振など、夏バテにも近い症状もあります。

不安感が強く出ているなら、季節性うつを疑います。

 

冬の季節性うつ

発症の要因

・日光不足によるセロトニン不足。

・セロトニン不足によるメラトニン生成不足。

・メラトニン不足による睡眠障害。

※セロトニンは精神安定をさせる物質で、メラトニンの材料。

※メラトニンは睡眠と関係するホルモン。

症状

元気がなくなり物事が楽しめなくなる。

イライラしたり、人と会うのも億劫になってくる。

 

自律神経を整える⇒一人暮らしをするなら自律神経を整えよう。呼吸法の2つのポイント。

 

予防方法

・夏は太陽を浴び過ぎない。

・冬は意識して太陽に当たる時間を作る。

・生活リズムを崩さない様にする。

・食事は栄養バランスをとる。

 

 

1人暮らしは夜遅くまで起きていたり、昼過ぎまで寝ていたりと、生活リズムを崩しやすいものです。また、食事も1人分だといい加減になりがちです。たまに、そんな生活になってしまうのは良いですが、その生活が当たり前になっているあなたは、気をつけたほうが良いかもしれません。

 

朝起きれない時は⇒スッキリ起床して遅刻なし。気持ち良く目覚める方法。

 

 

一人暮らしの季節性うつ予防対策

 

部屋に、大好きな彼や彼女が来るとしたら。または、会社の上司や後輩達がなどが来るとしたら。どうでしょう、少し緊張感が出ると思いませんか?

 

人が自分の部屋に来るとしたら、あまりにもだらしなくは出来ません。人を部屋に呼ぶことを意識して、生活に適度な緊張感を持ってみるのはいかがでしょうか。

 

1人暮らしで、うるさく言ってくれるのは、自分しかいません。人が羨ましいと思う様な暮らしをすることが、季節性うつの対策にもなります。朝起きたら、カーテンを開けて日光を浴び、窓を開けて空気の入れ替えをしてみましょう(^^)