一人暮らしと実家暮らしのどちらが結婚できるの?

一人暮らしの方が、なんでも一人でやらなければならず、生活力がつくので結婚が早いという意見。逆に一人の気楽さに慣れてしまい婚期が遠のくとも言います。一人暮らし実家暮らしの、どちらの方が結婚率が高いのでしょうか。

 

厚生労働省のデータ

厚生労働省のデータでこのようなものがあります。

「親との同居の有無別にみたこの5年間に結婚した割合」

出典:「第6回21世紀成年者縦断調査」親との同居の有無別にみた状況 / 厚生労働省

 

・男性のデータ。

親との同居の有無別にみたこの5年間に結婚した割合(男性)

 

・女性のデータ。

親との同居の有無別にみたこの5年間に結婚した割合(女性)

 

黒い棒グラフが一人暮らしの結婚率。

 

白い棒グラフは実家暮らしの結婚率。

 

左から総数、21歳~25歳、26歳~30歳、31歳~35歳、36歳~39歳というデータになっています。

 

このグラフで見ると、男女共に一人暮らしの方が結婚率は高いということになります。総数で見てみると、男性の実家暮らしが、いかに嫌われているかが分かりますね。

 

ひとり力を極める⇒ひとり力を磨く一人暮らしのすすめ。大切にしたいポイント。

 

おひとりさま代表として、一人暮らしの良い面と悪い面を探っていきます。

 

一人暮らしのメリット

データでも分かるように、特に実家暮らしの男性は、結婚相手として避けられる傾向があります。もし結婚をしたいなら、一人暮らしの方が結婚する確率は高くなります

 

一人暮らしのメリットは、生活力が身につくところに尽きると思います。実家で暮らしていれば、自分の部屋以外の掃除はしなかったり、洗濯をやってもらったり、やらなくても済んでしまうことが多くあります。

 

金銭面でも実家暮らしだと、お金を入れてさえいれば、後は自分のお小遣いとして自由に使えてしまいます。

 

精神面でも親離れや、子離れが出来ていない、なんてことも多くあるのではないでしょうか。

 

全てを自分でやらないといけない一人暮らしでは、嫌でも生活力が養われていきます。

 

ひとりは寂しい?⇒クリぼっちの語源とクリスマスに一人きりの寂しさを紛らわす方法。

 

 

一人暮らしのデメリット

全てを自分でやらないといけない代わりに、自由を手に入れることになります。しかし、一人暮らしは、デメリットもあります。

 

他人の意見が無く、思い通りに出来るので、こだわりが強くなる傾向があります。

 

家の外では社会人として、他の意見を取り入れて上手くやっていけても、プライベートの時間は、思い通りにならないとイライラしてしまいます。

 

仕事と趣味が楽しすぎて、ひとりの寂しさを、あまり感じなくなります。プライベートの時間は、全て自分に使うようになり、他人に合わせるのが億劫になっていきます。また、寂しさに慣れてしまうと、異性へ興味が薄くなるかもしれません。

 

休日を家の中で過ごすタイプの人は、一日中パジャマで過ごすことが当たり前になり、それに、慣れてしまいます。気がつけば、普段の身だしなみも、以前より気にしなくなっているかもしれません。

 

年齢と共に、良い物や、良い事柄を理解できるようになり、理想だけは一人歩きして大きくなります。しかし、自分の現実を見れていない場合は、自分の理想と現実のギャップに悩むことになります。

 

潔癖過ぎたり、自分のペースを譲れないなど、こだわりが多いようなら注意が必要かもしれません。

 

気楽さが止められない⇒一人暮らしが長いと結婚が遠のくの?ひとりの気楽さがやめられない。

 

まとめ

結婚というと、相手に条件を求めたり、理想を追い過ぎたりしてしまいます。しかし、相手に「何かをして貰いたい」ばかりの人は結婚から遠ざかります。

 

もし相手に身長180cm以上じゃないとダメと決めつけていたら、179㎝の運命の人を逃がしているかもしれません。

 

実家暮らしや、一人暮らしという条件にこだわらず、相手をしっかり見て、最高の相手を見つけましょう(^^)