iphoneスピーチの設定

 

iPhone読み上げ機能スピーチ」を使うようになってから、本を読むことが少なくなりました!

 

自分で本を読む代わりに、iPhoneが読み上げてくれるので、隙間時間を有効利用して沢山の本を読む?聞く?ことが出来るようになりますよ!

iPhoneには「スピーチ」という読み上げ機能があります。

 

設定が、ややこしかったら、すぐに投げ出す僕ですが・・・。

 

これは簡単です

 

スピーチの使い方。

 

1、設定画面のスピーチボタンをオンにする

 

2、画面を2本指でなぞる(スワイプ)。

 

これだけです!

 

動画で解説。

 

 

写真入り解説。

 

「設定」ボタンを押します。
iphoneスピーチの設定1

 

「一般」ボタンを押します。
iphoneスピーチの設定2

 

「アクセシビリティ」ボタンを押します。
iphoneスピーチの設定3

 

「スピーチ」を選択します。
iphoneスピーチの設定4

 

「画面の読み上げ」のボタンをオンにします。
iphoneスピーチの設定5
 

 

これで設定は完了!

 

スピーチ(読み上げ)のやり方。

 

読みたい画面を開き、2本指で上から下へなぞります。(スワイプ)

 

これだけで読み始めます!

 

「メニュー」が出て、勝手に読み上げ始めます。iphoneスピーチの設定6

機能は

 

上段の段左から
メニューの最小化」「スピーチの終了

 

下段の左から
スピード遅く」「早戻し」「一時停止 又は再生」「早送り」「スピード早く

 

 

こんな時に便利。

 

・家事をしながら本を読みたい。

 

・満員電車で本が読みづらい。

 

・車の運転中で読めない場合。

 

目の疲れて読むのが辛い。

 

・繰り返し聞いて暗記したい。

 

・横になりながら聞きたい。

 

・散歩しながら聞きたい。

 

・長い文を読むのが面倒

 

 僕はどれも使いますが、アマゾンの電子書籍を読む時に使っています。

 

 

[ここから先は、応用編。覚えると、さらに便利になります。]

 

選択したところだけ読みたい。

 

「スピーチ」設定画面の「選択項目の読み上げ」をオンにします。
iphoneスピーチの設定8

 

画面を長押しして、読み上げしたい範囲を選択します。
iphoneスピーチの設定11

 

メニューの中から「読み上げ」を押すと、選択した文章だけを読み上げてくれます。
iphoneスピーチの設定10

 

音声の変更。

 スピーチには、4種類の声が用意されていますが、デフォルトでは「kyoko」という女性の音声になっています。

 

先程の「画面の読み上げ」ボタンの3つ下「声」を選択します。

iphoneスピーチの設定9

 

その中の「日本語」を選択すると

iphoneスピーチの設定8

 

この画面が出てきます。
iphoneスピーチの設定7

 

 もともと入っている声でも充分ですが、ダウンロードすると少しだけ機能拡張ができます。

 

僕は試してみて聞きやすかったので「Siri」(女性)の音声に変更しています。

 

 「Siri」の方が流暢にしゃべってくれますよ。

 

(注意)voiceoverではありません。

「スピーチ」機能の設定なんて、説明を見なくてもわかるでしょ!
と思い込みで、目に入った「voiceover」というボタンをオンにしたら大変なことになりました(泣)

 

これを読んでいる時点で、やる人はいないと思いますが、戻すのが面倒なので気をつけて下さい!

 

iPhoneから設定が直せなくなり、結局パソコンに繋いでiTunesから設定を取り消しました。

 

「voiceover」は間違えて押すと面倒なので、要注意です(^^;)

 

まとめ

「スピーチ」の機能は、何か作業をやりながらでも本を読めるので、ホントに便利です。

 

音読み訓読みを頻繁に間違えるのは愛嬌があって良しとします(^^)

 

是非使って時間の有効利用することをおすすめします!