2015年発売のiphone6を使っています。最近、バッテリーがへたってきたのか、外出して、帰る頃にバッテリーがかなり少なくなることが目立ってきました。使い過ぎないように気をつけたり、見ない時間を作ったり気を使って使用している状態です。スマホ依存気味の自分には丁度良いとも言えますが、不便です。そこでAnker ウルトラスリムバッテリーケースを購入しました。3499円(税込)※2017年8月29日現在

 

古いモデルが定価より高く売っている

最初は、iphoneの純正バッテリーケースを買おう思っていました。楽天で検索してみたら定価以上の値段で売っていることにビックリしました。

 

アップルのサイトでは10800円(税抜)のところ、楽天では、17297円(税抜)で売っていました。※2017年8月29日現在

 

家電量販店などで販売を終了していたり、一般に手に入り辛い商品は逆に値段を上げて売っていたりするようです。100円のジュースが山の上では200円で売られているようなものでしょうか。

 

アップル以外のメーカーでもバッテリーケースはあるだろうと思い、調べることにしました。

 

純正品じゃないバッテリーケース

本体とバッテリーを別々に持ち歩くのは、荷物が増えて面倒なのでケースのタイプのバッテリーを探しました。一体のタイプを調べると、割と安心出来るメーカーのアンカーからケースタイプのバッテリーが発売されており、純正よりも見た目がスッキリしていて良い感じです。

 

アップル純正のスマートケースバッテリーは、発売当初にアップルらしからぬ不自然に出っ張りがあるデザインで賛否両論でした。

今回購入のアンカーのバッテリーはMFI (made for iphone)というアップル認定プログラムの公式ライセンスも取得している商品なので安心もあります。

 

仕様でも純正を超えるスペックで、しかもお安いので大満足の買い物でした。

 

詳細を載せておきます。

 

純正品との仕様比較

 

アンカーのバッテリー

容量2200mAh

重量 82g

厚さ5mm

実質価格3499円(税込) ※2017年8月29日現在

 

アップル純正バッテリー

容量 1877mAh

重量 100g

価格 11644円(税込) ※2017年8月29日現在

 

 

そろそろiphone8も発売されそうですが、11万円以上なんて話題も出ていて、とても買おうとは思えません。

 

ここ何年かは“じゃんぱら”という中古屋さんで、未使用品のiphoneを購入して仕様しています。今使っているiphone6も1年半前に未使用品で売られていたもので、58300円で購入しました。

 

古いiphoneもデータを移し替えた後に売却しています。液晶を割って修理していたりボロボロの状態でしたが、10000円以上の価格で引き取ってもらえました。なので、実質5万円以下でiphone6を買えたことになります。

 

2年程使えば月2000円以下の計算。SIMはiijmioの1600円のものを使っています。合わせると月に3600円以下で使用していることになります。

 

こういう使い方をしている場合のリスクとして故障時に保証がないことがあります。一番の多いのは、液晶を割ってしまうことでしょう。iphoneの場合は、メーカー以外のiphone専門の修理店が発達していて、街に多く有ります。だいたい1万円前後の価格で液晶の修理を行ってもらえるので、保障が無いこともそれほど気になりません。

 

またiphone8が発売されて少ししたら、今のiphone6を売って、型落ちのiphone7 に買換えようと思っています。それまではバッテリーケースをつけてiphone6に頑張ってもらいます(^^)