20代の頃は投資って身近に感じませんでした。30代も仕事と遊ぶことばかりだったように思います。そんな僕が、お金に真剣に向き合ったのはアラフォーが近づいていた頃の一人暮らしを始めるタイミングでした。

 

お金に割と無頓着で生きてきた僕は、自分の給料でひとりで生活できるのだろうか?電気代っていくらくらいなの?食費っていくらかかってるの?もう分からないことだらけでした。情報を求めてネットで検索し、いくつかの節約本を参考にしました。数冊の本を購入し読むと、大体の支出と抑えるべきポイントが少し分かってきました。

 

ひとり暮らしを始めて感じたのは、やはり固定費を抑えることが大事ということでした。

今では慣れてきて、どんぶり勘定になってしまいますが、一人暮らしの最初の2年くらいは家計簿をつけて、おさえられる支出を探したりしました。

 

1年前くらいに一緒だった同僚で、株をやっている人が居ました。資産を聞いたら、もう働かなくて済むくらいの資産でした。身近にそんな人がいるんだとびっくりし、そんな影響もあって投資に興味が出てきました。

 

去年の11月から株式FXを始めました。トランプ相場もあり、FXではあっという間にプラス70万円。なんだこんな簡単だったんだと思いました。年が明け今年の初めには、せっかくプラスになった70万円があっという間に半分に減り、取り返そうと、さらにお金をツッコミ、せっかくの70万円が全部消えてなくなり、早々にFXの恐ろしさも体験しました。

 

なかったはずの70万円なのに、無くなるとものすごく落ち込みます。その後はFXはやめて株式を中心に投資をしています。始めてから1年も経たず、株式での実益は70万円を超えました。1年で100万の実益を目標にしていましたが、超えなくても良いのでマイナスになりませんようにと思います。

 

人によっては投資なんてギャンブルだよと言う人もいます。僕みたいに勉強もせずに投資をしていると、ギャンブル的な側面もありますが、老後を考えると少しでもお金を増やさなきゃと必死です。

 

同じように老後のお金の不安を抱えている人も多いはずです。最近は、お金のリテラシーなんて言葉も聞きます。以前よりお金の勉強をしている人が増えているのでしょう。自分でも、もっとお金の知識を増やして、アウトプットもできるようにしたいです。その前に仕事をみつけろと言われそうですが(^_^;)