一人暮らしの初期費用

 

初めて一人暮らしをするのは、ドキドキワクワク楽しいものです。

どんな新生活が待っているのか期待します。

 

しかし、心配なのはどのくらいお金が掛かるかですよね。

こんなはずではなかった。

と、ならない為にも最初にかかる費用を考えておきましょう。

 

初期費用は何があるの?

 

最初にかかるお金は3つ

 

1引越し代

2家賃関係

3生活用品

 

僕が実際に掛かった金額で見ていきましょう。

 

毎月の掛かる出費の割合は?⇒一人暮らしはいくらお金が必要?貯金をするための生活費の割合。

 

実際に掛かった金額

1、引越し代  15.000円

家具や家電類などは、ほとんど後からの購入だったため、それほど掛かりませんでした。

荷物が少なければ、車を使い一人でも引越しをすることが出来ます。

大型家電類などがあれば4万円前後を予算しましょう。

 

2、家賃関係  253.400円

・敷金                 40000円

・礼金                 40000円

・前家賃              40000円

・管理費      5000円

・仲介手数料        40000円

・日割り家賃        39000円

・鍵交換              16800円

・火災保険           15000円

・保証会社           17600円

 

家賃は40000円の物件なので、家賃の6倍かかったことになりますね。

 

実際は6倍を少し超えているので余裕を持って7倍くらいを考えておきたいです。

敷金礼金なしの物件があったら初期費用が安くなりますので、その辺も考えながら物件選びをしたいです。

 

3、生活用品  146.800円

 

家具と家電

・照明器具      0円

※最初からついていました。

・エアコン      0円

※最初からついていました。

・カーテン     4000円

・ベッド                0円

※今まで使っていたものを使いました。

・冷蔵庫    65000円

・電子レンジ  15000円

・炊飯器      8000円

・テーブル   17800円

・洗濯機    35000円

 

冷蔵庫にはこだわりましょう⇒一人暮らしの冷蔵庫の選び方。失敗談とこだわりポイント。

 

生活雑貨類

 

・台所用品

鍋、包丁、まな板、菜箸、スプーンフォーク、お皿、茶碗、コップ

・フロ用品

シャンプー類、風呂掃除ブラシ、洗剤

・トイレ用品

トイレットペーパー、トイレブラシ、洗剤。

 

その他もろもろをまとめて10.000円

 

3つの費用を合わせると

 

引越し代     15.000円

家賃関係   253.400円

生活用品   154.800円

 

合計    423.200円

 

僕のひとり暮らしを始めるのにかかった金額は423.200円でした。

全部まとめてみると結構掛かっていますね。

 

家賃の7倍

僕の場合は家賃が4万円と低めでこの金額でした。

家賃が上がればそれだけ掛かる費用も上がっていきます。

 

・家賃関係の費用は家賃の7倍と考えます。

家賃4万円の場合28万円

家賃5万円の場合35万円

家賃6万円の場合42万円

家賃7万円の場合49万円

・引越し費用は4万円と考えます。

・生活用品は15万円と考えます。

 

 家賃別初期費用はこうなります。

 

家賃4万円の場合47万円

家賃5万円の場合54万円

家賃6万円の場合61万円

家賃7万円の場合68万円

 

部屋探しは後悔しない⇒一人暮らしの部屋探し。後悔しない為のコツとポイント。

 

初期費用はバカに出来ない額です。家賃は値下げの交渉が出来たらしたいところです。それと敷金礼金のどちらかでもかからないところが良いですね。

 

引越しは荷物が少なければ自分で行いましょう。

 

生活用品は、知り合いから使っていない家電や家具を譲ってもらったり、今はフリマアプリやリサイクルショップもありますので、そういうものを利用すれば費用を抑えることが出来ます。

 

これからがスタートの一人暮らしです。実際に掛かった金額を参考にして、余裕を持った新生活をスタートできるようにしてください(^^)