インフルエンザウイルス

 

今年のインフルエンザは

早い時期から流行し始めています。

 

一人暮らしでインフルエンザにかかると、とっても心細いんです。

高熱でふらふらするし病院へ行くのも大変

1週間くらいは仕事も休まなくてはなりません。

そんな辛いインフルエンザにかからない為の予防法です。

 

例年では、10月か11月くらいから

インフルエンザの学級閉鎖なんて話を聞き始めます。

 

しかし、2017年は9月から流行し、学級閉鎖も出始めています。

 

インフルエンザが流行するのは止められませんが

予防対策をとることは出来ます。

 

 

インフルエンザの感染経路を確認しましょう。

 

風邪も気をつける⇒一人暮らしの風邪は孤独感と寂しさを痛感する。対処方法と普段からの準備。

 

感染経路

 

飛沫感染

1、インフルエンザ感染者が、くしゃみや咳をします。

2、それによってウイルスが飛び散ります。

3、そのウイルスを吸い込んでしまうことにより感染します。

 

接触感染

1、感染者が手にウイルスを付着させたままドアノブなどを触ります。

2、健康な人が、ウイルスがついたドアノブなどを触ります。

3、ウイルスの付着した手で、口や目などの粘膜を触り感染します。

 

 

インフルエンザに感染しないためには

感染経路を断つことです。

 

心も健康に⇒季節性うつのリスクが高い1人暮らし。原因と予防対策とは。

 

予防方法

 

飛沫感染を防ぐには

・繁華街など人混みに行かない。

・室内であれば湿度をあげる。

※喉が乾燥すると、感染しやすくなります。

・マスクをつける

※マスクはウイルスの付着した手で触ると逆効果になります。こまめに手は洗いましょう。

 

接触感染を防ぐには

・手洗いをする。

水で数秒流すのではウイルスは落とせません。

爪、指の間、手首などを、30秒くらいかけて洗います。

誰もが知っていて、当たり前の様な手洗いが

実はきちんと出来ていないことが多いのです。

 

※ハッピーバースデーを2回歌うと30秒になります。

頭の中で歌いながら手を洗うと、楽しく30秒の手洗いが出来ます。

 

 

 

抵抗力を高める

感染経路を断つ以外にも予防法はあります。

それは抵抗力を高めることです。

 

抵抗力を高めるためには

休養

睡眠不足は抵抗力を下げます。睡眠時間をしっかり確保して、ゆっくり休養します。

栄養

バランスの良い食事が免疫力を高めます。乳酸菌は免疫機能に良いと言われる食品なので、積極的に摂取しましょう。

 

普段の食事から⇒食事の栄養バランスは偏りがち。一人暮らしの僕の冷蔵庫の常備品。

 

運動

無理のない運動は免疫力をあげます。ウォーキングなどの運動習慣をつけましょう。きつい運動は逆に免疫力を下げてしまいます。

 

 

 

予防接種

インフルエンザのワクチンは予防の他に、重症化を防ぐと言われています。

子供は2回、大人は1回の予防接種がし推奨されています。

免疫ができるまでに2週間ほどかかります。

 

2017ー2018のインフルエンザワクチンは

以下の4株になりました。

A型株

A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09

A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2)

B型株

B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)

B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)

 

 

 

一人暮らしでのインフルエンザは大変です。

何よりも大切なのは予防すること。

外から帰ったら、まずは手洗い

睡眠栄養運動

ウイルスに負けない体作りを始めましょう。