足の臭い対策

足の臭いの対策はしているでしょうか?あなたも、人の家に急に招待された時、飲み会の席がお座敷だった時に”やばい”と冷や汗をかいた経験ありますよね!僕が実際に使った効果のあった方法と対策を紹介します!足の臭いを消す対策をして、いつで靴を脱げるようにしておきましょう!

足の臭いの原因

 

大事な時に限って足が臭ってきたりすることがありますよね。

 

緊張すると余計に手や足に汗をかき、常在菌を増やす原因になります。

 

常在菌の好きなものは、汗と皮脂と角質です。

 

足を常に清潔にしておくことは常在菌を増やさいことになります。

 

水虫

水虫の菌自体が臭うわけではありません。

 

足のクサイ状態が水虫を呼びこんだというだけです。

 

水虫は白癬菌というカビが足の角質に住み着き、水膨れやかゆみを起こします。

 

水虫も角質があり、高温多湿な環境が大好きなのです。

 

洗っても落ちない臭い

足に住み着く常在菌は角質や皮脂を食べ、「イソ吉草酸」を作り出します。

 

このイソ吉草酸が、納豆やチーズのような、強烈な足のニオイの原因です。

 

この物質のやっかいなところは、洗っても落ちにくい性質だということです。

 

 

つまり足の臭いの原因は

 

雑菌が、角質と高温多湿という環境で増え、くさい物質を作り出していることと、臭いが取れにくいということになります。

 

角質というエサがあり高温多湿な足は、雑菌にとっての楽園です。

 

これを断てば臭いの原因を減らせます。

 

 

 

 

足の臭いを消す方法①

 

エサになる角質を減らす。

 

足をきれいに保つとともにやっておきたいのが、角質をなくすことです。

 

やわらかい皮膚を軽石で擦ると、皮膚のバリア機能を低下させる危険があります。

 

そこでクレンジングを使うことをおすすめします。

 

僕が使ったのはLUSHの火山マスクです。

 

軽石パウダーが角質をきれいにクレンジングしてくれ、香りも爽やかな柑橘系で癒されます。

 

買う時は足の臭い対策の製品なので恥ずかしかったのですが、店員さんは丁寧に使い方を教えてくれました。

 

たっぷり塗って、少しおいてマッサージしながら洗い流します。

 

塗った後にラップを巻いて10分くらいおくと効果的と言っていました。

 

 

足の臭いを消す方法②

 

臭い物質を中和して臭いを減らす。

 

足の臭いの原因のイソ吉草酸。

 

これは石鹸で洗っても落ちにくい物質です。

 

そこでおすすめなのが重曹です。

 

酸性のイソ吉草酸に対して、弱アルカリ性の重曹が効果があります。

 

こちらの重曹入りのLUSHのパパの足という製品をおすすめします。

 

パウダー状なので汗を抑えてくれ、成分の重曹がイソ吉草酸に対しての効果を期待できます。

 

靴下を履く前に塗るということですが、僕はお風呂の後にも塗って靴下をはいて寝ていました。

 

ティーツリーの香りも爽やかで大好きです。

 

 

足の臭いを消す方法③

 

高温多湿の環境をなくす。

 

足の常在菌の好む高温多湿の環境をなくしましょう。

 

といっても、仕事で毎日10数時間以上靴を履きっぱなしの場合も多くありますよね。

 

僕も10数時間靴を履きっぱなしでした。

 

そこで、せめて靴を履いていない時間だけでも靴の中の湿度を減らします。

 

おすすめしたいのがツインバードの靴の乾燥機です。

 

これが大正解で雨の日の靴も、これがあればすっきり乾燥させることが出来ます。

 

いつでも乾燥した靴を履けるのは、とっても気持ち良いです。

 

コンパクトなので使わない時は下駄箱にしまっておけます。

 

また寒い日に靴を履く少し前に使うと、暖かくて快適です。

 

 

 

 

まとめ

 

靴用のデオドラントスプレーをいくら試しても、靴の湿気を取らないと根本の解決にはなりません。

 

また臭いがでてしまっていたら、洗っただけでは落ちづらいのです。

 

 

取りづらい臭いや、靴を長時間履く場合など、なかなか1つの対策だけでは解決しません。

 

 

ここまで紹介した足の臭い対策は、香りでごまかすようなものと違い根本的原因を解決するものです。

 

足の臭いに悩んでいる場合は、ぜひこの対策を試してみてくださいね(^^)