絶対に有るはずの書類が見つからなくて、悔しい思いをすることがあります。気が小さい性格なのか、心配で領収書などを捨てることが出来ません。そのため書類が多過ぎて、目的のものが見つけられない事がありました。

 

今はなるべく、ドキュメントスキャナーでデジタル化しています。迷うものは、保留ファイルに入れるか、スキャンしています。

 

書類を捨てる判断基準は?

基準は、あまり厳格に決めていません。

捨てる

明らかに必要のないのに、捨てていない書類が結構あるものです。

保存

必要なもの、たまに見るものはそのまま残しておきます。捨てようか迷うものはデジタル化して保存します。

保留

判断が難しいと思ったら保留します。時間をおいて見直すと簡単に判断出来たりします。

 

収納術に頼らない⇒ワンルームでは収納術に頼らない。5万円部屋は1㎡当り2500円。

 

ファイルの分類と流れ

書類は定期的に届くものもあり、気がつくと思いのほか量が多くなっています。チラシ類やカタログも、後で見ようと思っているうちに、また次の物が届き、増えていく一方です。

ファイルの分類

僕の本棚には、これだけのファイルを用意して分類しています。

・仕事関係用

・生命保険用

・プロバイダ関係用

・スマホ関係用

・未処理・保留書類用

・カード入れ

・CD入れ

・シュレッダー行き書類の箱(ファイルではないですが)

 

ルートを決める

ポストに領収書が届いたら、そのままファイルに入れます。自分のもとに書類が来た時に、どこに保存するかを決めておきましょう。書類をテーブルに置く前に、ファイルに保存しましょう。

 

領収書入れを作る

定期的に届く領収書類は、ジャバラのファイルで分類して保存しています。

・水道料金の領収書

・ガス料金の領収書

・電気料金の領収書

・家賃の領収書

・給料明細

届いたらすぐにファイルに入れます。

 

領収書を整理する⇒家庭の書類を整理するやり方。スッキリ簡単な分類と収納する方法。

 

気をつけている点

説明書と保証書はまとめる

説明書はネットで見れるので基本的に捨てますが、取っておくなら保証書とレシートもまとめてファイルに保存しておきましょう。故障などの際に、まとめておくと便利です。

 

仕事の書類

最近は情報漏洩の観点からも、会社から書類の持ち出しは出来なくなってきています。持っておく必要が無いものは早めに処分しましょう。1年に見直して、処分するかデジタル化するか決めます。

 

自筆のノート類

勉強に使った、自筆のノートなどは、もう見ないとしても捨てづらいものです。ドキュメントスキャナーでデジタル化をオススメします。

 

シュレッダーで処分

個人情報の記載があるものは、シュレッダーにかけます。箱を用意して処分するものをまとめて入れておきます。(僕は靴の入っていた箱を使っています)書類やハガキなどの処分は、枚数が多いと意外に大変なものです。まとめて、電動のシュレッダーにかけることをオススメします。

 

デスクトップの整理術⇒ミニマリストのデスクトップ。ファイルの整理術と名前のつけ方のルール。

 

使用している物

・クリアホルダー

仕事、生命保険、スマホ、プロバイダー関係の書類用

・ドキュメントファイル(A4三つ折りくらいのサイズ)

毎月届く領収書用

・A4ファスナーケース

取扱い説明書用と保証書・レシート用

・カード入れ

以前に使った病院の診察券などまとめ用

・CD入れ

あまり聞かないけど捨てれないCD用

・シュレッダー

4~5千円程度の電動シュレッダー

 

 

 

書類は行き先を決めてあげたら、だんだんと整理が出来てきます。無理せずに簡単な分類で、ゆる~くやっていきましょう(^^)