キャベツの梅おかか和え

 

スーパーなどで、キャベツが一玉でしか売っていない時があります。

一人暮らしなら、せいぜい半分のサイズでないと、消費出来ずに傷んで捨てることになります。

 

ある日、半分のキャベツが売ってなく、仕方なく一玉でキャベツを買ってしまった時がありました。間が悪く、外出する用事が立て続けに出来てしまい、どう考えてもキャベツを食べきれません。そんな時にキャベツの冷凍保存を試してみました。

 

キャベツの冷凍保存は、一人暮らしや、面倒くさいことが嫌いな人におすすめの保存方法です。家でご飯を食べる時や、お弁当を買ったりお惣菜を買ったりしても、野菜が少ないと思うことってありますよね。

 

高野豆腐もおすすめ⇒高野豆腐は煮物だけじゃない。一人暮らしにおすすめの簡単レシピ。

 

冷凍キャベツの梅おかか和え

レトルト食品で、ご飯を済ませたい時も、やはり野菜が少なかったりします。

そんな時の食事に、一品簡単に出来るものがあると助かります。

 

上の写真がキャベツの梅おかか和えです。

 

材料は名前通りです。

・梅干し

・おかか

・冷凍保存していたキャベツ

 

冷凍キャベツを解凍して、水分を絞り、梅とおかかを和えるだけです。

 

簡単ですね。

 

※甘めの梅干しなら甘めに、塩辛い梅干しならしょっぱく仕上がります。

 

 

冷凍キャベツのメリット、デメリット

簡単ですが、良いことばかりではないです。

キャベツの味が薄く、しなしなの触感です。

人様に出せる様なものではないかもしれないですが

野菜の少ない食事に簡単に付け加えることが出来て助かります。

 

冷凍キャベツのデメリット

・しなしなになる。

・水が出る。

・キャベツの味が薄い。

 

冷凍キャベツのメリット

・何もする気が無くても作れる。

・レトルトに野菜が足りない時にすぐ入れられる。

・冷凍なので長持ち。

・腐らないので無駄が出ない。

・野菜不足の解消。

 

バランスが大事⇒食事の栄養バランスは偏りがち。一人暮らしの僕の冷蔵庫の常備品。

 

冷凍キャベツの作り方

1、キャベツ一玉を4分割します。

2、それを、さらに半分にします。※芯は取りましょう

3、葉が重なったかたまりのまま、崩れないように洗います。

4、それをラップに包み冷凍します。

キャベツの大きさによって、分割する大きさは調整しましょう。

※大きさの目安は自分が1食で食べたい量です。

 

お弁当にチャレンジするあなたは⇒お弁当を続けるコツ。継続できた理由と時短技。

 

 

冷凍キャベツの活用法

 

・冷凍のレトルトのパスタや、焼きそばに入れる。

キャベツは、解凍すると水が出るので絞ってから使いましょう。

 

厚揚げとキャベツ煮

厚揚げとキャベツを鍋に入れ、めんつゆで味を調整しながら煮ます。

 

・ツナキャベツサラダ

キャベツを少し小さく切って、ツナ缶と混ぜるだけ。

味付けはマヨネーズ、塩、コショウです。

 

・ポトフ風スープ

ウインナーとキャベツを鍋に入れ、味付けはコンソメのみです。

冷凍ブロッコリーなども入れれば少し豪華になります。

 

・からし醤油和え

解凍したキャベツを、からしを溶かした醤油または、めんつゆに漬けます。

材料をビニール袋にいれて混ぜ、冷蔵庫で15分くらい冷ますと美味しいです。

めんつゆだと甘めに仕上がります。

 

 

シャキシャキしたキャベツの食感は無くなってしまいますが、

レトルトに足すだけで、野菜不足や繊維不足の解消に役立ちます。

 

一人暮らしの食事に、

ずぼらで簡単な冷凍キャベツはいかがでしょうか。