スキャンスナップというドキュメントスキャナーを使っています。本をどうやってスキャンするかといいますと、まず本の綴じてある部分をローラーカッターで裁断してバラします。それをドキュメントスキャナーに入れるだけ。※ローラーカッターはカッターの刃が円状になっていてコロコロ回って分厚い本も楽に裁断できます。

 

本棚で眠っている読んではいないけど、捨てたくはない本は全て電子化します。

 

必要かどうかよく分からない書類も考えずに全て電子化。とにかく電子化。

 

スキャナーはどれが良いの?

 

スキャナーは、scansnapがお勧めです。スキャンスナップにはコンパクトなタイプのS1300iと、スピードが早いけど大きめなタイプのix500があります。いくら本を減らし部屋のスペースが増えても、大きなスキャナーが増えたら本末転倒というものです。

 

そのため、悩んだ末に、コンパクトなタイプのS1300iを購入しました。2年程使用して書類も含め200ファイル以上スキャンして思ったのは、結構時間がかかるなということです。書類はいくらでも増えるし、本もつい買ってしまい、本も増えていってしまいます。(基本的に本は電子書籍で購入する様にしていますが)

 

領収書も電子化⇒家庭の書類を整理するやり方。スッキリ簡単な分類と収納する方法。

 

物を減らして広く使う⇒6畳ワンルームを広く使うには工夫が必要。快適に過ごすためのインテリア。

 

僕の失敗談

ある程度書類が溜まったらスキャンしているのですが、スキャンスナップS1300iは、結構時間がかかります。

 

1分でA4両面カラー12枚をスキャンと書いてありますがこれは1番低い画質の話です。

 

実用性を考えるとスーパーファインの倍くらいの画質が必要になります。すると1分間でスキャン出来る枚数は6枚。

 

100枚スキャンすると17分くらいの時間がかかります。裁断する時間もかかります。給紙ミスなど起これば、さらに時間は伸びることになります。

 

それに対してスキャンスナップix500は、スーパーファインでも1分25枚スキャンできます。

 

単純に半分程の時間でスキャン出来てしまうのです。給紙ミスもほとんどありません。

 

ix500は、早くてけど、大きいから邪魔になると思っていました。いつかはスキャンする物もなくなるだろうと思い、頑張ってスキャンしていましたが、スキャンする書類や本は増えていきます。

 

結局、終わらないスキャン地獄に終止符を打つべくix500の購入に踏み切りました。

 

最初からix500を買えば良かった。

結果とても早く、最初からこっちにすれば良かった。この2年間のかかった時間も半分で済んだのに。大きさも、この性能と貴重な時間を買えると思ったら、小さいとさえ思えます。

 

使わない物で部屋を埋め尽くし、そのスペースの家賃を支払っているは無駄と言います。

 

部屋のスペースの無駄遣いを無くす⇒ワンルームでは収納術に頼らない。5万円部屋は1㎡当り2500円。

 

これから書籍や書類の電子化をしようとしている方には最初から速度の早いix500をおすすめします。

 

スキャナーに吸い込まれていくスピードが速くて気持ち良くクセになります(^^)