ミニマリストの本の電子書籍化(自炊)

本を買う時に、置く場所に困るから止める人はあまり居ないでしょう。しかし、いつの間にか部屋を占拠し、片付けたい物ランキングの1位になったりしていないでしょうか。

本の電子書籍化(自炊)のメリットは、何と言っても本を置くスペースが要らなくなることです。

 

また、隙間時間を使って色々な本を読みたいという人は、家の本を全て持ち歩けるというメリットもあります。

 

本の電子書籍化

紙の本スキャナーを使ってPDFファイルなどにし、タブレットやパソコンなどで読むようにすることです。

 

デジタルデータにすれば、本棚にある何百冊もの本がSDカード1枚に収まってしまいます。

 

本の電子化は「自炊」とも呼ばれていて、最初は意味が分かりませんでしたが、データを「自分で吸い出す」から自炊と呼ばれたりするようです。

 

僕が行っている、本の電子化の手順を紹介していきます。

 

本の裁断。

定規カッターで本の背中部分を切り落とし、バラバラにしてスキャナーで読み込めるようにします。

 

ミニマリストの電子書籍化(自炊)の裁断方法

 

裁断機を使う人もいますが、あまり大きなものを部屋に置きたくないので、定規とカッターで切っていきます。

 

かなり良く切れるカッターなので、力は思ったほど要りません。しかし、手を切るのが怖いので、分厚いグローブをして作業しています。

 

必要な物

 

カッティングマット

金属の定規

ローラーカッター

 

※オルファロータリーカッターLL型を使用しています。

 

部屋を広く使う⇒ワンルームでは収納術に頼らない。5万円部屋は1㎡当り2500円。

 

スキャナーで読み取り。

ドキュメントスキャナーというタイプのスキャナーを使い、バラバラに裁断した本をスキャンしていきます。

 

ミニマリストの電子書籍化のスキャナー

大量にスキャンするとなると、少しでも早い方が良いので、性能の良いドキュメントスキャナーをおすすめします。

 

使用しているスキャナーは、自炊する人に人気のScanSnapix500」です。

 

スキャナーの比較⇒書籍の電子化がおすすめ。スキャンスナップ「S1300i」vs「ix500」

 

観覧方法

電子書籍化をしたものを読むときは、タブレットiphoneで読みます。

 

ミニマリストの電子書籍化はタブレットで読む。

外出時iphoneで読んで、家では7インチのタブレットを使用して読むことが多いです。

 

写真はサーフェスの12.3インチPCなので実際の本より大きくて読みやすいです。大きくなると重いので、膝にクッションなどを置いて、その上に乗せて読むのがおすすめです。

 

タブレットの隣の本はA5サイズなのですが、タブレットで読むと実際の1.5倍くらいの大きさで読めます。

 

データーは、各パソコン内にあり、SDカードにバックアップもしてあります。

 

が74ファイル、書類系が231ファイル、楽譜が47ファイルありました。書類もかなり増えやすいものなので、スキャンしてデータにするとスッキリします。

 

書類の整理法⇒家庭の書類を整理するやり方。スッキリ簡単な分類と収納する方法。

 

まとめ

最近は、小さな字を読むのが辛くなってきたので、大きなタブレットで読めるメリットをありがたく感じます(^_^;)

 

スキャナー等を揃えたり、本をカッターで切ったり、それなりにハードルが高い本の電子書籍化ですが、メリットも大きいと思います。

 

本棚に眠らせている本に、もう一度読まれるチャンスを与えられるかもしれませんよ(^^)