断捨離した感想

今月の断捨離は、ずっと使っていなかった楽器、椅子、バッグなど、気になっていた物を沢山減らすことが出来ました。今回の断捨離で感じたことを書いてみます。

 

感じたこと

部屋にある物が減って、断捨離が一歩前進したという嬉しい気持ちがあります。しかし、捨てる時には色々な嫌な感情を味わいました。

 

いざ捨てるとなると、要らないと思っていたはずが、「また使うかも!」「損をした!」という気持ちがよぎります。

 

人に言ったら、「せっかく高いお金を出して買ったのにもったいない!」と言われるのじゃないか。

 

そんな気持ちになりました。

 

物を捨てることを通して感じたのは、物のまわりには、自分の中のたくさんの感情が張り付いること。それが物を減らすことを妨げているのだということです。

 

執着は苦しい

「使わないと分かっているのに捨てられない」「損をしたくないから捨てられない」こういう執着があると、苦しい思いをするものです。

 

執着の苦しさは、お金恋人のことになると、もっと分かり易くなります。こうでなければならないという様な感情は、自分を苦しめます。

 

お金を損したくないと、いつもピリピリしている人と、仕事の取引きはしたくないですよね。

 

彼氏、彼女が欲しくて、目がギラギラしている人はですよね。

 

まあいっか」とあきらめた時に、ふっと運命の人が現れたり、お金が入ってきたりします。

 

執着を断捨離することは、楽に生きれるということなのかもしれないと感じています。

 

足りないをやめる。

いつも足りないと感じていると、マイナスな事ばかりに目が行ってしまいます。あれが欲しい、これが欲しいばかりは苦しいのです。

 

逆に、今の自分で満足することは、充足感を味わえます。あれもある、これもあると気付くと感謝の気持ちが出てきます。

 

感じ方を変える。

お金が欲しいと思う時があります。その時に、「お金が無い」と感じるか、「あったらいいな」と感じるかで幸せ度は変わってきます。

 

「お金が足りない」ということにフォーカスしてしまうと心が苦しくなります。しかし、「お金があったらこんなことが出来る」「お金があったらこんなに安心だ」と考えると幸せな方向に向かいそうな気がしてきます。

 

ひとつの事柄はとらえ方次第で、マイナスにもプラスにもなるということですね。

 

まとめ

諸行無常という言葉が有りますが、モノは全ていつかは無くなり、変わっていってしまうのが自然の法則です。

 

物に執着をして無駄に苦しい時間を過ごすことはやめて、自分のやりたいこと、好きなことに沢山の時間を使えたら楽しいですね(^^)