360度カメラで自宅の部屋を公開

360度カメラ「RICHO THETA SC」ワンルーム部屋を撮影してみました。下の画像はドラッグして動かせますので、試してください。

ミニマリストのお部屋公開。

 

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

画像をドラッグして、上下左右にぐりぐり動かせますよ。プラス・マイナスを押すとズームも出来ます。

 

テーブルにカメラを置いて撮影しているのですが、本体が写らないところが凄いです!

 

この画像を撮影している僕自身が写っていませんが、スマホでシャッターが切れるので、隠れて撮影できます。

 

・・・のはずでしたが・・・

 

トイレでシャッターを押したら、電波が届かず、結局タイマー撮影にしてトイレに逃げ込みました(^_^;)

 

 

 

360度カメラの仕組み。

 

RICHOのTHETA・SCの大きさ

レンズがで2つあります。しかも超広角魚眼レンズが付いています。

 

180度写せるレンズなので、その両面の画像を合成すると360度の画像や動画になります。

 

画像に、つなぎ目はあるのでしょうけど分からないから凄いですね。

 

 

 

使い方。

 

1、電源を入れる。

 

2、画像か動画を選ぶ。

 

3、シャッターボタンを押す。

 

これだけです。

 

ボタンが少ないから、迷いなく撮影できますね。

 

 

寝袋生活⇒寝袋生活はモンベルのシェラフとムアツ布団。ミニマリストの寝具公開。

 

画像・動画を見る。

画像や動画を見るには、アプリをダウンロードして、スマホに転送します。

 

アプリにしたがって、カメラの裏にあるパスワードを入力すれば簡単に繋がります。

 

編集用の専用アプリを使えば、スタンプや文字を書き込んでフェイスブックや、ツイッターにアップもできます。

 

リコーのシータで360度画像を撮影

 

インスタグラムは、画像をドラッグして360度動かすようには対応していないのですが、動画は投稿できます。「#THETA」で検索すると楽しい動画が沢山見れますよ。

 

インスタグラムを始めました⇒View on instagram

 

まとめ。

僕が使っているのは、RICHOの「 THETA(シータ) SC」というスタンダードモデルです。

 

ハイスペックなモデルもあり、そちらは4Kも撮れる本格派です。お手軽に楽しみたいのであれば「 THETA(シータ) SC」がおすすめです。

 

 

山や海などの大自然の景色を撮ったら迫力ある映像になりそうなので、チャレンジしてみたいです。

 

防水水中用ケースもオプションで用意されていました。

 

色々試して、面白い映像が撮れたら、また公開したいと思います(^^)